トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦い

トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦いはトンイ考の後続サイトです。韓国時代劇トンイについて歴史的背景などを考察します。

*

王女の男がトンイの後続に!

      2012/12/21

スポンサードリンク

王女の男がトンイの後続に決定したと、正式に発表があったようですね。

トンイの放送がなかったので気を抜いていましたが、同時間帯の番組で発表があったとか。

気がついたのは当ブログの姉妹サイト「韓国歴史」の検索語句が王女の男一色になっていたからです。

王女の男 韓国歴史内

トンイの後続という噂になったものには階伯(ケベク:계백)太陽を抱いた月などもありましたが、 個人的には王女の男でよかったなと思っています。

その理由は2つ。1つは一番好きな俳優イ・スンジェ氏が出演していること。もう1つは朝鮮王朝でも1・2を争うドラスティックな時代を背景にしたドラマだからです。ようするに、フィクションと史実との差異が解説しやすいからです。

先のリンク先を見ていただければわかるのですが、すでに解説している部分もあります。そろそろ追加で解説をしようと思っていたのですが、史実がふんだんに絡むドラマですので、NHKの放送に沿って解説したほうがいいかもしれませんね!

トンイが全60話だったのに比べると王女の男は24話と短いです。その分、韓国ドラマ特有のジェットコースター感があって、一気に見たくなるドラマですが、NHKだお週1放送ですね。BSでの放送なので週2放送もできそうな気がしますがダメなんでしょうかね~。

当ページの短縮URL

http://xn--eckud3f.kjidai.com/?p=458

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 - トンイ ,