トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦い

トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦いはトンイ考の後続サイトです。韓国時代劇トンイについて歴史的背景などを考察します。

*

王女の男へ

      2012/12/21

スポンサードリンク

トンイの本放送が終わりしばらくたちましたが、当サイトへのアクセスは比較的安定して急減するようなこともありません。

けれど、一旦トンイ考を休止しよと思います。削除はしませんのでご安心ください。一休みです!

イ・サンの例を見ればわかるように、『BSでの本放送』『BSでのノーカット字幕版放送』『地上波での吹き替え放送』というように、放送チャンネルや形式はどうなるかはわかりませんが、必ず再放送があると思います。

イ・サンについては現在、『地上波での吹き替え放送』ですが、昨年には視聴率が8%を超える回がありました。そして未だにmixiのコミュなどが活発に動いていますので。トンイについてもまだまだ2・3年は盛り上がれるのではないかと思います!

さて、7/8(日)の午後9時からは王女の男(コンジュエ ナムジャ:공주의 남자)がはじまりますね。先日、王女の男のスペシャルを見ましたが、トンイのスペシャルの時にとても苛ついた次長課長の河本が出てなかったので、それだけでポイント高かったです(笑)。というか、あのスペシャルお蔵入りでしょうね・・・(汗)

王女の男についてはすでに韓国版のオリジナルを視聴済みですが、放送に合わせて解説をしていきたいと思います。すでに何本か記事は書いていますので、史実の知識を入れておきたい方は読んでみてください。下記URLにて特集していきます。

王女の男 韓国歴史内の一コンテンツです

他のドラマの解説ブログはまだまだ放送の残りがあるイ・サンと、新しいものだとDr.JNがあります。後者についてはあらすじ翻訳をしているので、史実解説より大変です。けれどやはり、史実や王朝についての知識がないとドラマを見るのも大変だなと、改めて実感しました。字幕がないので(笑)

スポンサードリンク

仁顕王后の男(イニョンワンフエ ナムジャ:인현왕후의 남자)も今秋には放送されるようです。主役のチ・ヒョヌが兵役に行く予定だったのに、秋にプロモーションがあるからと延期したので。シークレット・ガーデンの後続かなと思います。

というわけで、トンイ考は一旦、廃庶人(ペソイン)として本宮から出ていきます。NHKの方針次第で仁顕王后のように本宮にリターンしますので、それまでは王女の男を楽しみましょう!(NHKが粛宗?:笑)

当ページの短縮URL

http://xn--eckud3f.kjidai.com/?p=642

スポンサードリンク

 - トンイ , ,