トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦い

トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦いはトンイ考の後続サイトです。韓国時代劇トンイについて歴史的背景などを考察します。

*

第8代チャン・ヒビン登場 トンイ第3話 解説(あらすじ含む)

      2013/02/09

スポンサードリンク

ハン・ヒョジュ、チ・ジニ主演、イ・ソヨン、ペ・スビン、パク・ハソン出演の韓国時代劇トンイ(同伊:동이)の第3話の解説(あらすじ含む・ネタバレあり)です。

といっても、トンイ第3話は特に解説することがありません。

今起こっている事件はフィクションで、トンイこと崔氏の父・崔考元(チェ・ヒョウォン:최효원)も史実では随分前に亡くなっています。

そこで今回は、チャン・ヒビンについての柔らかい話題を紹介します。(歴史的な説明はこちら → チャン・ヒビン1 2と3もあります)

張玉貞(チャン・オクチョン:장옥정)

彼女はチャン・ヒビンという名前があまりにも有名なのですが、本名は張玉貞(チャン・オクチョン:장옥정)です。

歴史的な名称では最後の品階を付して禧嬪張氏(ヒビンチャンシ:희빈장씨)と呼ばれます。

第3話にしてついに登場したオクチョンですが、イ・ソヨンは8代目なんです。

当時は8代目だというのがそんなに話題に上ってなかった気がするのですが、キム・テヒがチャン・オクチョン、愛に生きるの主役に決定してからニュースとなりました。

●姉妹サイト紹介● イ・ビョンフン監督最新作『馬医』の特集サイト → 馬医(マイ:마의)

 

では、歴代のチャン・ヒビンを見て行きましょう。

  1. キム・ジミ(김지미) – チャン・ヒビン(장희빈) 1961 映画
  2. ナム・ジョンイム(남정임) – 妖花 チャン・ヒビン(ヨファ チャン・ヒビン:요화 장희빈) 1968 映画
  3. ユン・ヨジョン(윤여정) – チャン・ヒビン(장희빈) 1971  MBCドラマ
  4. イ・ミスク(이미숙) – 女人列伝(ヨイン ヨルジョン:여인열전) 1982 その内の第1話 チャン・ヒビン(장희빈) MBCドラマ
  5. チョン・イナ(전인화) – 朝鮮王朝500年(チョソンワンジョ オベンニョン イニョンワンフ:조선왕조 오백년 인현왕후) 1988 MBCドラマ
  6. チョン・ソンギョン(정선경) – チャン・ヒビン(장희빈) 1995 SBSドラマ
  7. キム・ヘス(김혜수) – チャン・ヒビン(장희빈) 2003 KBSドラマ
  8. イ・ジェウン(이재은) – HDTV 文学館(ムナクグカン:문학관) 侘しい、忘れられるということは(ソロウォラ イジョジンダヌン コスン:서러워라 잊혀진다는 것은) 2005 KBSドラマ
  9. イ・ソヨン(이소연) – トンイ(동이) 2010 MBCドラマ
  10. チェ・ウリ(최우리) – イニョン王后の男(イニョンワンフエ ナムジャ:인현왕후의 남자) 2012 TVNドラマ
  11. キム・テヒ(김태희) – チャン・オクチョン、愛に生きる(チャン・オクチョン・、サランエ サルダ:장옥정, 사랑에 살다) 2013 SBSドラマ

『11人いるじゃん!』と思った方も多いかもしれませんが、女優の格や作品性を考慮すると8と10は除外されるようです。

それにしてもそうそうたる面々です。一般的に日本の視聴者が見たことがあるのは6以降でしょうね。6は『妖婦 張禧嬪』というのが邦題でした。一番有名なのはキム・ヘス版と言ったところでしょう。

スポンサードリンク

3のユン・ヨジョンは顔を見れば知っている人は多いかもしれませんね。個人的にも好きな女優さんで、コミカルな演技が好評です。昨年末はKBS演技大賞の司会もしていた大御所です。現場では若い俳優から『先生様(ソンセンニム)』と呼ばれる人です。

4のイ・ミスクは『ラブレイン』でユナの母親役をやっていたのでわかると思います。時代劇ファンなら『チャミョンゴ』で見ていると思います。

5のチョン・イナは、綺麗で意地悪なおばさんをやらせたら右に出る人はいないと言われる女優さん。適役といったところですね!

彼女は『女人天下』文定王后(ムンジョンワンフ:문정왕후)『王と私』仁粋大妃(仁粹大妃:インステビ:인수대비)『製パン王キム・タック』で会長夫人を演じているのですぐにわかると思います。

そして、彼女が出演した『朝鮮王朝500年』は何を隠そうイ・ビョンフン監督が手がけた作品です。今でこそかなりフィクションや遊びを取り入れた史劇を作っていますが、1983~1990年にかけて11部構成で制作されたこの大河ドラマでは、当時の史観を忠実にドラマ化しています。最近日本でもDVD化され始めてますよね?

ひょっとすると、当サイトの解説を読んで『イ・ビョンフン監督はフィクションばかりだ!』と思っている方も多いかもしれませんが、こういった歴史に忠実な大作を作ったからこそ、その後遊びを取り入れているのです。

ボクもわかってて茶々入れているので、そこは差し引いて解説を読んでいただければと思います(笑)

このように、韓国時代劇に引っ張りだこのオクチョンですが、トンイではどのように描かれるのでしょうか?第4話以降も彼女に注目して視聴して下さい!

http://xn--eckud3f.kjidai.com/?p=878

スポンサードリンク

 - トンイ , , , , , , , , , , , ,