トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦い

トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦いはトンイ考の後続サイトです。韓国時代劇トンイについて歴史的背景などを考察します。

*

張玉貞 愛に生きる 第2話あらすじ・視聴率 出会い

      2013/04/16

スポンサードリンク

キム・テヒ、ユ・アイン主演・チャン・オクチョン(張玉貞 愛に生きる:チャン・オクチョン サランエサルダ:장옥정, 사랑에 살다)第2話のあらすじ・視聴率情報です。(ネタバレあり)

第2話視聴率は9.1%で同時間帯視聴率3位でした。

過去の視聴率は、第1話11.3%です。

他のドラマの視聴率は韓国ドラマランキングに記載しています。

張玉貞(チャン・ オクチョン:장옥정)愛に生きる130408

通常、時系列で語られることが多いドラマですが、『張玉貞 愛に生きる』では、つかみが肝心とばかりに第1話にキム・テヒを登場させ、第2話で少女期のストーリーを持って来ました。そのためなのか、視聴率も下がり同時間帯最下位に転落しました。

また、ストーリー自体も本編の中に5分か10分ほど回想シーンを入れる程度でよかったんじゃないかと思えるほど薄いものでした。

今回のあらすじは要点だけをピックアップしていきます。

1.粛宗(スクチョン:숙종)と東平君(トンピョングン:동평군)

粛宗には男兄弟がいないため、東平君を兄のように慕っていました。トンイでは全く出て来なかったのですが、イ・ビョンフン監督は歴史の超重要人物を端折ることが度々ですね。

『張玉貞 愛に生きる』では現代風または下々のような兄弟的描写をしていますが、実際にはも少し距離感があったことでしょう。数十年後に起きる悲運はこの頃には影も形もありません。

2.粛宗と張玉貞(チャン・ オクチョン:장옥정)との出会い

身分を隠した世子(セジャ:세자)時代の粛宗とオクチョンは本屋で出会います。粛宗はオクチョンに一目惚れしますが、初めての経験なので自分に何が起きているのかがわかりません。

3度めに会おうと約束したものの、病に倒れ粛宗は約束の場所に行くことができませんでした。自分の嬪(ビン:빈)となれば身分を超越する服を着られると言っていたのに・・・。オクチョンはこのことで身分の壁を再度痛感するのです。もちろん史実ではありませんよ!

3.粛宗V.S.閔維重(ミン・ユジュン)

仁顕王后(イニョンワンフ:인현왕후)の父・閔維重は西人(ソイン:서인)の領袖で顕宗(ヒョンジョン:현종)をも凌駕する権力を持っています。史実的にも顕宗は軟弱な王で、朝廷に対して王権を発動する権力がありませんでした。

このような状況を世子(セジャ:세자)の冊封式さえも臣下の協力がなければできず、権力は臣下が握っていました。パワーバランスの詳細は抜きにして、史実として父王の軟弱さが粛宗を奮い立たせた側面がありました。

4.チャン・ヒョンV.S.カン氏夫人

スポンサードリンク

オクチョンの叔父(父のいとこ)張炫(チャン・ヒョン)はオクチョンの師匠カン氏夫人の兄の行方不明に関与していました。ここにもなにか秘密があるのかもしれません。

自分の切り札となったオクチョンを保護下に置かれたためカン氏が邪魔になったため、生地の保管庫に火を放ちダメージを与えようとします。

そうすることで自分の手駒を元に戻そうとしたのです。チャン・ヒョンにしては幸いにも、オクチョンを救いに入ったカン氏は落ちてきた梁に体を打ちつけられ絶命します。

 

その他にも閔維重(ミン・ユジュン)によるチャン・ヒョンへの身分差別の追い打ちや、オクチョンに親友とライバルができるなどの描写もありました。

さすがに第1話のファッションショー等、登場人物だけは史実的であとはなんでもありの状況だったので、歴史ファンは怒りをあらわにしています。

確かにやり過ぎでした(汗)

第3話に続く

当ページの短縮URL → http://xn--eckud3f.kjidai.com/?p=995

 

スポンサードリンク

 - 張玉貞 愛に生きる , , , , ,