トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦い

トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦いはトンイ考の後続サイトです。韓国時代劇トンイについて歴史的背景などを考察します。

*

愛別離(エビョルリ:애별리)

      2014/04/27

スポンサードリンク

トンイ第33話から導入されはじめたイム・ヒョンジュバージョンの愛別離(エビョルリ:애별리)

チャン・ユンジョンの愛月浪(エウォルラン:애월랑)の評判の悪さに反して、コチラは評判のよい楽曲ですね(笑)

彼は一体どんな歌手なのでしょうか?

林亨柱(イム・ヒョンジュ:임형주)

韓国版ウィキペディアなどの情報によると、世界的?ポッペラ(ポップオペラ)テナー歌手で、1986年生まれ、1998年頃から活動しているようです。

正式なデビューは2003年。同年、ノ・ムヒョン大統領の就任式で愛国歌を歌い、国民的注目を集めました。

カーネギーホールでの公演や各国のオーケストラとの共演など世界的に活躍。日本絡みでは2006年の紅白でユーミンと共演。

現在はフィレンツェのサンフェリーチェ音楽院在学中。

 

個人的にポッペラには疎いため、彼がどこまでのレベルかはわかりませんが、他のドラマのOSTもけっこう歌っていますね。

王と私、怪傑春香、今回のトンイ、近々放送されるケベクなど、高い声の男性歌手がドラマで流れていたら、まず彼だと思って間違いないでしょう。

 

また、彼は母方の祖父の影響もあり歴史に造詣が深く、先日「イム・ヒョンジュ、チャン・ヒビンを歌う」という歴史エッセイを刊行しました。

祖父の教えから、歴史の解釈には多面性があることを悟った彼は、トンイのOSTに参加したことがきっかけで、遂には本の敢行を具体化しました。

ちなみに、なぜだか悪女に惹かれるそうで、次回作は新羅(シルラ:신라)の悪女・真聖女王を描きたいそうです。

当ページの短縮URL
http://xn--eckud3f.kjidai.com/?p=57

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 - トンイOST ,