トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦い

トンイ考2 チャン・ヒビンとの戦いはトンイ考の後続サイトです。韓国時代劇トンイについて歴史的背景などを考察します。

*

トンイ再放送決定!

      2012/12/21

スポンサードリンク

トンイの再放送が決定しました!

現在、李祘(イ・サン:이산)を放送しているNHK地上波の日曜夜11:00からの枠です。

開始は2013年1月からですのでイ・サンが終わってからの後続となります。

どのような形式で放送するのかは今のところ決まってないみたいですね。吹き替えのまま放送するのか、あるいは字幕のまま放送するのか、気になるところです。BSを持っていない方がターゲットなので、吹き替えになるのかな~。とりあえず地上波ということで、BSよりは画像のクオリティーが落ちてしまいますね。

ネットの状況などを鑑みても、現在BSで放送されている「王女の男」より、トンイのほうが何倍も盛り上がっていたような気がします。やはり、イ・ビョンフン監督作品の感じに視聴者も慣れていて、心地よさを感じているのでしょうね。

吹き替えで見ている人にはわからないかもしれませんが、イ・ビョンフン監督は意図的にセリフのスピードを遅くしたり、言葉をあまりつめ込まないようにしているのではないかと思います。(チ・ジニは早口だったけど)

イ・ビョンフン監督作品の視聴者は子供から年配の方まで幅広いので、ターゲットを絞るのではなく、番人への分かりやすさを追求しているのだと思います。だから、現代風にアレンジされた史劇より、リスニングがしやすいんです。

このあたりも、イ・ビョンフン監督作品の人気の秘密だと思います。吹き替えになっても言葉が詰め込まれてないから、わかりやすいのかもしれません。

イ・サンはNHKでも3度目の放送だったにもかかわらず、かなりの視聴率を叩きだしたと聞いています。トンイは女性主人公ということもあり、チャングムの再来的にご年配の女性人にも人気が出そうですね~。

スポンサードリンク

一応全話録りためて入るのですが、まったりと再放送も見て、これまたまったりとした解説もしていこうかなと思っています。そのタイミングで質問なども受け付けていきたいと思います。また盛り上がっていければいいですね~!

http://xn--eckud3f.kjidai.com/?p=662

スポンサードリンク

 - トンイ ,